ブログ

Wise Blog

事例|歯医者さんのクロス(壁紙)コーディネート&張り替え工事(横浜)

WISEブログ アクセントクロス ピンポイント補修

こんにちは。ワイズ広報部の斉藤です。

今回はクロス張り工事の現場レポートをお届けします♪

今回の現場はこちら、横浜神奈川区で人気の歯医者さん「はたけやま歯科医院」さんです。

 

クロス(壁紙)のコーディネート。

お客様のリクエストは「シンプル&高級感」

 

ご依頼の内容は、待合室、トイレ、診療室の一部のクロス(壁紙)のコーディネートからクロス張り工事までを担当。

お客様のご要望は「シンプル&高級感」。女性のインテリアコーディネーターと職人でたくさんのクロスからコレだと思うものを選び出します。コーディネートのポイントはデザイン性はもちろんですが、仕上がり後の居心地も大切。スタッフの方々や患者さんがこの空間で快適に過ごしていただけたら、そんな気持ちで選ばせていただきました。

 

■BEFORE

 

■AFTER

院内にたくさんあったチラシをやめて、告知はサイネージ(電子ポップ)に変更。スッキリとした雰囲気に。

メインのクロスは清潔感のあるレンガ調。

木目のアクセントクロスがとってもやさしい雰囲気。

トイレはちょっとホテルライクなテイストのアクセントクロス(壁紙)をセレクト。

立体感のあるクロス(壁紙)本物の塗り壁のような高級感。

診療室の間仕切りにはグッと大人っぽい木目のダイノックシートを。

ちょっとしたお礼をさせて頂きました。トイレットペーパーがむき出しだと映えないのでカバーをプレゼント♪

 

クロス張り替え工事のポイント

 

一般住宅でもそうですが、引っ越しして間もないのに壁紙が剥がれてきたり、ヒビが入ってきたりした経験はありませんか?その一番の原因は「下地の処理」なんです。大変でも、とにかく丹念に丹念に下地をつくること。これにつきます。

少しの凹みがあればパテでしっかり平らにする、それも一回ではなく、ミルフィーユにように何層にも。張る技術ももちろん大切だけど、この下処理をしっかりしておけば何年も壁紙は長持ちしますから。

 

ワイズの職人達。キャラはちょっとぶっきらぼうですが(笑)この下地処理への執念と細かさは群を抜いています。

以上。「事例|歯医者さんのクロス(壁紙)コーディネート&張り替え工事(横浜)」レポートをお届けいたしました。施工後のお客様アンケートで、「仕上がり大満足!」と☆5つ頂きました。(今回の現場も楽しかったなぁ♪)ご利用いただきありがとうございました!

 

業務:クロス張り替え工事・アクセントクロス張り工事・壁紙コーディネート

エリア:横浜市神奈川区

お客様:歯科医院

施工日数:2日間

新着記事

お問合わせはこちら

24時間受付